衝撃波による治療

eqp-pic1

衝撃波による治療

脊柱側彎症と脊椎矯正クリニックはシンガポールでの幾つかの民間の脊柱指圧療法所の一つであり、同クリニックでは衝撃波治療による新しい、進んだ技術を提供していますその主な技術は早い痛みの緩和と動作の回復です。非外科的手術と鎮痛剤なしを合わせることは回復を早める理想的な治療で、急性そして、慢性的な痛みを引き起こす多くの兆候を直します。

この技術は肩、膝、踵の痛みのような多くの慢性的な痛みの症状を減らし、なくします。衝撃波治療は早く、安全で、体に傷をつけず、そして効果的な治療です。医療研究では70%の成功率を見せていて、従来のやり方で失敗していたケースを成功させた例さえあります。

衝撃波治療の良い効果は1回か、2回の治療セッションの後でよく現れます。治療は痛みをなくし、完全な動作能力を回復し、生活の質を高めます。

この治療が従来の治療と違う点は単に症状の緩和を提供する代わりに筋骨格の病気の治療をする点です。もし、資格ある専門家によって治療されるなら、体外の衝撃波治療は目に見える危険も、副作用もなくなります。


治療の仕組み

action-shock

衝撃波は亜急性、亜慢性、慢性の状態の痛みのある場所と筋骨格組織に高いエネルギーを運ぶ音響波です。そのエネルギーは、骨と腱、他の柔らかい部分の回復と修復を促進します。衝撃波治療は高い広さ、非継続的な大きな圧力の変化により特徴ずけられます。圧縮された空気のカーブ形の活動的なエネルギーは機器の末端から身体へ入りさらに組織へ衝撃を与えます。


医学上の効果

1) 新しい血管の形成

blodvessel
栄養血液の流れは傷ついた組織構造を回復する過程を始め、維持するのに必要です。音響波の応用は骨と腱の毛細管の小さい破裂を作ります。

小さな破裂のため内皮型一酸化窒素合成酵素、 血管内皮増殖因子、プレグネノロンカルボニトリル 骨形成タンパク質のような成長要因が表面に現れ、増大します。

この過程の結果、小動脈が再形成され、成長が刺激され、新しい細動脈が形成されます。新しい血管治療部分の酸素と’血液の供給を改善し、腱と骨の双方の治療を早めます。

2)慢性的炎症の回復

ree
慢性炎症は炎症反応が完全に止まらないときに、起こります。健全な細胞組織を傷つけ、慢性的な炎症を起こします。肥満細胞は炎症過程の重要な要因で、その細胞の活動は広範囲な音響波を使い増えるかもしれません。

肥満細胞の活動はケモカインおよびサイトカイン生成に続きます。これらの炎症を強くする要因は炎症過程を高め、次に通常の回復と非対抗的過程を回復します。

3)コラーゲン生成の刺激

コーラーゲンの十分な量の生産は損傷した筋骨格や靭帯の再生過程の為の必要な前提条件です。この治療はコラーゲン生成、合成を促進します。

この治療は縦構造 で新しく作られたコラーゲンの繊維をに力を与え、そこでは、腱の繊維がより綿密で硬くなり、強固な構造を形成します。

4)石灰化した線維芽細胞の消滅

カルシウム形成は腱への小さな傷、他の損傷の結果です。音響波は既存の石灰化を破壊します。衝撃波治療は歯磨き粉のような一貫性のある’カルシウムの蓄積の生物化学的な非石灰化で始まります。カルシウムの粒状の分子ははリンパ系で除去されます。

5)痛みの緩和の分散 P物質

P物質は繊維を通じて痛みを伝達する神経伝達物質です。この神経ペプチドは強い、一貫性のある、慢性な痛みと一般的な関連があります。これは中央神経システムに痛みのメッセージを伝えます。P物質の集中化低下は、求心性の侵害受容性繊維の刺激を減らします。P物質、ヒスタミン、他のノンインセンティブ、メタボを減らすことは炎症的な神経ペプチドの発展を助けます。音響派は衝撃波治療により発生し物質Pの集中と発痛点を抑えます。

6.発痛点の緩和

発痛点は背中、首、肩、手足の痛みのの中心となる原因です。発痛点は筋肉組織の張りつり線の小結節と関係があり、神経線維の.強く結びついた筋節があります。不能となった筋節は非常に強く結びつき、独自の血液供給を断絶し始め、老廃物を蓄積させます。老廃物は知覚神経末端をいため、さらなる結合をもたらします。この悪性の循環は新陳代謝危機をもたらします。この活動の仕組みは運ばれる音響エネルギーがカルシウムポンプを開放し、筋フィラメントの新陳代謝危機を逆にし、発痛点を緩和します。

legs


兆候

膝の痛み – 膝蓋腱の炎症や怪我のための膝の痛みは、痛み、痛みの感じやすさ、機能的不良として感じられます。この症状は患者の運動寿命に関わり、年齢に関係なく運動寿命がおわり、治療するのは困難です。衝撃波による治療はしばしば簡単で速い解決策を提供します。患者は最初の治療後すぐに痛みの軽減を感じ、何回かの治療でその原因となる痛みは消えます。

肩の痛み – 肩の痛みは例えば、石灰化、インピンジメント症候群、50肩らにより引き起こされます。全ての兆候は強い痛みで反応が鈍くなり、患者の日常生活の行動を制限します。衝撃波による治療された肩の石灰性腱炎は、石灰化は過去の治療の85%以上が簡単に消えました。痛みの大きな減少と肩機能の改善は4週間後に見られました。過去の治療の多くが解決したのは手術や注入に対し、衝撃波による治療が適していたということです。

テニス肘 –テニス肘は総人口の10%までによく起こる症状です。残念ながら、薬物治療(ステロイドや痛み止め)従来の治療は時間がかかりすぎ、また繰り返しが必要でした。その一方で衝撃波による治療は逆にすぐの痛みの軽減をもたらし、5回の治療で最大70%以上の効率で直しました。

踵骨棘 – 踵の骨の下側のカルシウムの蓄積は足底筋膜の傷跡か炎症に強く関連します。兆候であれ複合であれ、患者の日常生活を制限します。衝撃波は両方の問題を同時に治療します。音響波は早い回復、日常生活への復帰、88%の患者の長く続く回復を実現しました。

筋肉痛 – 筋肉の痛みは特定の腱の緊張の繰り返される長引く活動のために起こります。血管新生の過程を通じ、衝撃波治療はより多くの血液循環をその場所に促し、常習性の痛み止めの投薬なしに速い回復を促進します。

慢性的腱障害 –繰り返される過剰負担により積み重ねられる微外傷は慢性的な腱障害になります。身体の様々な部分での腱障害は活動的な人から、一般の人に至るまで幅広くみられます。腱の炎症と細胞レベルでの損傷は衝撃波でうまく治療できます。治療回数は典型的には5-10日間のあいだで3-5回です。

石灰化 – 石灰化腱炎は慢性的な痛みのある症状で、肩回旋筋腱板炎の石灰化と特徴づけられます。そのような症状は痛みと動作範囲の制限をもたらします。衝撃波治療は石灰化の最も効果的な治療の1つです。音響波は石灰化した部分を断絶し体による再吸収と削除をサポートします。衝撃波治療は治療期間を劇的に短くし、慢性的な状態に早い回復をもたらします。

腰の痛み –年齢と酷使で,軟骨は弱くなり、損傷します。腰の筋肉と腱は使いすぎてしまいます。腰の骨も転倒や他の怪我で砕けてしまいます。これらの症状は腰に痛みと損傷をもたらします。衝撃波治療は治療過程の効果を高め、炎症を弱くし、痛みと感じやすさを少なくし腰の交換手術を防ぎます。壊死の患者の79%は大腿骨骨頭の骨の壊死が良くなっています。

治療の流れ

衝撃波治療は身体を傷つけない治療です。その治療は単純で楽です。始め方は次の3段階です。

la1

第1段階; 治療する場所を特定します。/p>
治療する場所は治療を正確に行うために触診を使います。

la1

2段階: 膠化体(ゼリー状)の使用
膠化体の十分な量が第一段階で特定された場所に使われます。膠化体の使用は音響波を効果的、スムーズに行うのに必要です。

la1

第3段階: 治療開始
衝撃波の適用は治療される場所に少し押され、スタートボタンが押されます。


 よくある質問

衝撃波治療で症状は良くなりますか?

慢性的な痛みを持つほとんどの患者は様々なタイプのうまく行かなかった治療を経験しています。世界中の同様な患者の80%までが衝撃波治療は問題を減らしたと報告しています。

治療は痛みますか?

治療中は多少不快感があるかもしれません。痛みの度合いにもよりますが、患者はすでに痛みを感じる場所で不快感を体験しているかもしれません。しかし、治療は5分だけですので、殆どの患者は我慢できます・さらに、治療の度合いは治療期間を通じて調整する事ができます。

治療は何回必要になるでしょうか?

必要とされる治療回数は症状と組織の反応により様々です。治療効果は積み重ねで、通常は3-5回の治療が必要とされます。ごくまれですが、最初の治療後に回復を経験する方もいます。

どのくらいの頻度で治療は必要になりますか?

殆どの治療は3-10日おいて3-5回必要とされます。それは患者がどれくらい我慢できるかと身体の組織の応答によります。

治療後何か痛みを感じますか?

殆どの患者は治療後すぐの痛みの緩和を体験します。しかし、治療の2-4時間後には治療箇所に痛みを感じます。この痛みは我慢できるもので限定的です。

治療後生活上の制限はありますか?

患者は治療後肉体活動を控えることが勧められ、特に、治療箇所は治療後48時間は’控えるべきです。