首の3D歩行可能牽引装具

eqp-pic1

バーテトラック・ダイナミックの歩行可能な3D牽引装具

necnec1

腰下部、脊柱側弯症、スポーツによる怪我、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などを含む、脊柱の損傷と疾患はバーテトラック腰部歩行減圧機器で治療できます。このシステムは革新的で費用も安い治療法です。従来の牽引法は3D減圧により、装備器具や減圧テーブルのようなバーテトラック機器により行われました。それらの機器には垂直、水平、釣り合いが取れ、牽引は治療中、動作の自由がありました。

同時3D減圧セラピーをすべての方角から可能にするための新しい製品
は水平力を減圧に適用します。

患者は治療中、より早い回復を促進するための積極的なリハビリに参加することを勧められます。患者はバーテトラックにより、動作が完全に自由になります。

研究は流動性の移動が椎間板の通常の生物力学にとって重要であり、脊柱が動いている時は、流動性の移動が可能であるとしています。牽引は神経根と硬膜嚢への最初の椎間板上へのプレッシャーを減らします。椎間板疾患は筋肉の痙攣をもたらし、流動性移動の減少、椎間板の変形を促進します。

メディトラックの「動かして索引する」考えによると、バーテトラックによる治療は動作と索引を結びつけることに基づき、それは圧力を同時にやわらげ、流動性の交換を可能にし、動作の範囲を高め、回復を促します。

治療前

before-treatment

椎間の隙間は12ミリです。

治療後

after-treatment

椎間の隙間は15ミリです。


治療例;

患者の状態;47歳の女性は腰下部、強い背中の痛みが左側にあり神経症の兆候もみせていました。そして左側が赤い弓型のひどい神経椎間孔ヘルニアの症状を示しており、脊髄へ圧力がかかり狭窄症をおこしていました。

治療の詳細;2週間の治療後その後2ヶ月間、1日置きに治療しました。

治療の結果;患者はもう痛みが続かず、背中の痛み,、神経症の兆候、坐骨神経痛もなくなりました。MRIの結果は椎間板ヘルニアでなく、脊髄圧迫はなく、中くらいの浮腫が左側の底にありました。

治療前

before1

治療後t

after1

治療前

before2

治療後

after2

この治療ができる方
  • 腰椎疾患の1次起点が2次起点のどちらか。
  • 腰椎の疾患による骨端関節の不整合。
  • 脊椎関節炎が腰椎後部疾患に悪化している場合。
  • 何かスポーツをしている際にもたらされた怪我。
  • 座骨神経痛。
  • 狭窄症を起こす椎間板ヘルニア。
  • 突発性の椎間板ヘルニア(子供、十代、大人)。